引用 21 8月 3,063 リアクション
アド街ック天国で山田五郎氏が大事なことを言った「再開発でビルが建つと家賃が上がって若い人が入れなくなる。古くても家賃が安くて周りの人が良ければ若い人、これからの人、才能が集まってくる。いずれは町お越しにつながる。再開発はただ新しい建物を建てれば良い訳じゃない。」 #tvtokyo
— 

Twitter / @P701iD (via plasticdreams)

(出典: katoyuu)

引用 21 8月 969 リアクション

 この前、なんとなく丸の内で買い物してて、

たまたまレジのお姉さんが綺麗だったので、
「こんな人にレジ打たれたらみんな恋しちゃうな(笑)」と思って、
なんとなく名札を眺めていたんだけど、
「そうだ」と思い立って、
その日買い物をしたレジの人の名札にあった名前を
(見た感じ40代ぐらいまでの若い人を中心に)
片っ端から検索してみた。
そうしたら見事にほとんどの人がSNSか何かで検索に引っ掛かった。

アイコンにはレジで見た面影。
アルバイトの子は所属している大学が書いてある。
出身地がわかるようになっている人も居た。
社員の人は勤め先として丸の内のお店の名前が
ハッキリと書いてあって特定があっという間だった。

あのレジの人は大田区から通っている人で、
あっちのレジの人はどうも高田馬場に住んでいるらしかった。
東西線で通っていて大手町で降りているんじゃないか
と、通勤ルートまで察しがつく。

「もしかしてストーカーって私が思ってるより簡単に実行できるの?」
と思いついて調べた。…というところに尽きる理由なので、
べつに私はその後、その日調べた店員さんたちをつけまわすとか、そ
ういうことは当然していないんだけど、
うわあ、なんて簡単に他人の私生活の圏内に忍び込める時代だ!と
思って、頭では理解していたんだけど、実感として結構びっくりした。
引用 21 8月 770 リアクション
疲弊した脳が突然いわれのない万能感に襲われ、神がかり的なひらめきで組んだSQL文が本番DBの在庫データをバリバリ破壊していく様子は圧巻でしたね
— Twitter / nomolk (via nagas, 774) (via tsupo, 774) (via gkojay) (via vmconverter) (via ishida) (via mtsuyugu) (via nwashy) (via exposition) (via tmkj1) (via sivamuramai) (via lovecake) (via yaruo) (via criff)
引用 21 8月 52 リアクション
1.無職、フリーター (論外、ありえない、どんなイケメンでも無理、学歴を自慢してくるフリーターがいて「え?でも今はフリーターじゃん」って思った)
2.月の手取りが30万以下 (将来が見えてこない、デートも割り勘にさせられそう、結婚しても自分が好きな服とか買えなそう)
3.食べ方が汚い(育ちが知れる、見てて食欲がなくなる)
4.いい歳して童貞 (なんか欠点があるんだろうなって思う、普通の人なら20歳すぎて童貞ってあるはずない)
5.趣味が痛い (アイドル、アニメ、フィギュア、TCG、インターネット、ギャンブル、株FX)
6.卑屈 (愚痴の相手するのが面倒、自信ない男は頼りない)
7.すぐエッチしたがる (結局それが目当てなんだねって思っちゃう、やったら捨てられそうで信用できない)
8.私服が変 (チェックのシャツとか色あせたデニムとかきもすぎ、一緒に歩きたくない、安物が素材で粗が見えることに気づいてない人は人間が浅く見える)
9.ファッションやメイクのダメ出しをしてくる (女心がわかってない、ダメと思っても褒めてほしい)
10.他人の悪口を言う (私のことも裏で言ってるのかなって思っちゃう)
11.もぐろ
引用 21 8月 686 リアクション
上司と一時間ぐらい面談したけどストレスの一番の原因が目の前の上司だって言えないから俺の心には生まれついてのマジモンの闇が存在するみたいな結論になった
引用 21 8月 1,013 リアクション
良く考えろ、人生の半分以上はおっさんとして過ごすんだぜ
引用 21 8月 2 リアクション

皮肉なことではあるのだが、彼が突然いなくなり、大きな悲しみがあって、でも、残された誰もにその意志を受け継ごうという気持ちが強くなったのだろう、コンサートは昨年、今年と、今まで以上に大きく盛り上がる結果となった。新たに参加してくれるミュージシャンも増えた。その中にIちゃんという男がいる。年齢は僕より少し下、今年初めて一緒に演奏させてもらった。元々は音大出のクラシック畑のプロ・トランペッターで、有名なオーケストラの団員だったこともある。

 けれど音楽になのか人生になのか、深刻に悩むことがあって、ある日楽団を辞めてしまった。今は路線バスの運転手をしている。けれど友人が亡くなったと聞いて、もう一度音楽をやらなければと思ったという。「安いギャラでドラム叩いてもらったこともあったし、他にも色々ごっつ世話になったんですわ」とIちゃんは言った。「あの人が亡くなったって知らせを聞いてなかったら、ボク、きっと一生ラッパを吹かなかった」と。
引用 21 8月 2 リアクション

肝の二つ目は、そうした不可思議なキャラクタ達が、如何にして対峙するのかだろうか。たとえば『妖精のハンドバッグ』という短編では、語り手の女の子がボーイフレンドの男の子と一緒に、自分のおばあさんが持っている「妖精が住んでいるというハンドバッグ」を開けにいって、ボーイフレンドの男の子だけがハンドバッグを開けていなくなってしまうというどうしようもない話だ。女の子は当然助けに行きたい、しかしおばあさんはそれを許さない、ここでもお互いがお互いを出し抜こうと思考が回転し続けている。

 男がどこか遠くへ行って冒険をして、そのあいだ女の子は家にいて待ってなきゃいけないたぐいの映画や本って嫌い。あたしはフェミニストなのだ。『バスト』も定期購読してるし、「バフィー」の再放送も観る。だからそういうクソ話なんか信じない。

この力強い宣言がかっこいい。

引用 21 8月 15 リアクション
人民解放軍海軍は対地攻撃用巡航ミサイルを搭載した駆逐艦や攻撃原子力潜水艦を多数運用しており、さらに増強中であるが、海上自衛隊は対地攻撃用ミサイルを1発も保有していない。
引用 21 8月 9 リアクション
日本領内を空襲できる性能を持った航空機を人民解放軍は1200機以上保有しているのに対して、中国領内を攻撃できる航空自衛隊機は300機以下

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Tumblrによって提供されています.